【危険】意外に知られていない、心不全が進むと出現する要注意なサインとは?

健康

▼プロフィール
森 勇磨(産業医・内科医)

神戸大学医学部医学科卒業。
研修後、年間約1万台の救急車を受け入れる藤田医科大学救急総合内科にて救命救急・病棟で勤
務。救急現場で数えきれないほど「病状が悪化し、後悔の念に苦しむ患者や家族」と接する中で、「病院の外」での正しい医療情報発信に対する社会課題を痛感する。
そして、今や子どもから高齢者まで幅広く親しまれるようになったYouTube での情報発信を決意。2020 年 2 月より「すべての人に正しい医学を」という理念の元、「予防医学 ch/ 医師監修」をスタート。
また株式会社リコーの専属産業医として、「会社の健康プログラムの構成」「労災防止を目的とした作業環境の改善」など、社員という『個人』へのアプローチ、そして会社システムという『集団』へのアプローチから予防医学の実践を経験後、独立。
産業医としての「企業と人」を健康にする予防医学、さらには「従来の枠組みにとらわれず、病院の外でできるあらゆる予防医学のアプローチに挑戦して、1人でも後悔する人を減らしたい」という理由で、『Preventive Room株式会社』を立ち上げ、予防医学のさらなる普及を目指している。

======================
▼本動画概要
心臓の機能は一度落ちてしまうと、多くの場合元に戻る事はありません。
心不全の患者さんの数は増加を続け、2030年には130万人にも上ると言われており、世はまさに心不全の大流行時代と言っても過言ではありません。
人間の体の中で最も大事な臓器と言っても過言ではない心臓。
この心臓の機能が落ちた心不全の状態になると、体に様々な症状が出現する事があります。
心臓からのSOSのサインにはどのようなものがあるのでしょうか。
そして心臓に1日でも長く元気に働いてもらうために、私たちができる事は一体なんなのでしょうか?

==============================
#予防医学チャンネル#心不全#医師#心臓#心不全症状#心不全浮腫#心不全とは#心不全治療



タイトルとURLをコピーしました