がん団信を詳しく解説 団体信用生命保険解説

不動産

昔の団体信用生命保険は死亡及び高度障害において保証されるものしかありませんでした。
ちなみに高度障害とは、両目の視力を永久に失ったり、言語そしゃく機能を永久に失ったり、両手を失う、両足を失うなどの状態を言いますが、ここに書かれているのは高度障害の一例です。
そんな中、最近の団信はレパートリーに富んでいて、がん団信、3大疾病、7大疾病、11疾病から、介護障害状態になった場合、就業不能状態になった場合などに対応する商品が多くなってきました。人というものは商品が多くなれば多くなるほど迷ってしまうもの。現在の住宅ローン選びは金利だけではないということは分かっていても、団信の種類が多すぎて選び方もわからない。
そんな人のために、この動画では住宅ローン選びは金利だけではない。団体信用生命保険の種類を整理し、まずはがん団信を深堀解説していきたいと思います。

利益の出ない投資用マンションの相談
これから購入を検討している投資用マンションの相談はこちら
https://www.fpibaraki.com/
初回相談(有料)は東京の水道橋駅近くのオフィス、もしくはzoomで行っております

2004年に株式会社住まいと保険と資産管理にてファイナンシャルプランナーとして業務を開始。

住宅購入相談、住宅ローン相談を中心にお金に関する幅広い相談を受け、年間50件程度の住宅購入者向けのライフプラン作成をおなっており、累計1000件近い住宅購入相談を経験。
また儲からないワンルームマンションを騙されて買わされてしまった人が多くいることを知り、2011年からワンルームマンション投資で騙されたお客様を救うための専門のサービス「投資用マンションSOS」を開始する。



タイトルとURLをコピーしました