エアコンは6,10,14畳用しか買ってはいけない

ガジェット/インターネット

エアコンは6畳用から26畳用くらいまでおおよそ9ランクか10ランクに分類されています。ほとんどの方が畳数通りのエアコンを購入するか。

家電量販店員や住宅会社から「余裕を見てワンサイズ大きいのを選んでおきましょう」と言われます。

しかしアドバイスしている当の本人たちがその部屋の負荷も計算したことがないのですから、完全なるあてずっぽうかつ聞きかじりのアドバイスをしているにすぎません。

最近では私をはじめ何名かの方が講演等で「エアコンの畳数表示は大きすぎる」と話していることをネタ元として「小さくても大丈夫」と根拠なく話す方、ネットに流布する方も増えました。しかしながら、その根拠を明確に語っているものを見かけたことがありません。

その理由は紛れもなく「きちんと理解していないから」です。エアコンは書籍、論文、ネット情報とも正しく、深い情報がほとんどありません。

その中で私が過去10年ちょっとにわたって少しづつひも解いてきたエアコンの謎を今わかる限り詳しく、正確に説明しました。今現在これより詳しい情報はネット上には出ていないと思います。これを読めば、今後エアコンを買うときに無駄な出費をすることが減ります。また、効かないというリスクも減ります。

過去数百回の講演でもっとも人気のあったスライドも今回の動画には入っています。多少難しいですが最後までぜひご覧ください。



タイトルとURLをコピーしました