地盤一筋35年のプロが解説、「軟弱地盤」はこう見抜く

不動産

物件購入の際、避けるべきなのは「軟弱地盤」と呼ばれる弱い地盤だ。
軟弱地盤に改良工事なしで建物を建ててしまえば、地盤の一部が沈下して建物が傾く「不同沈下」や「液状化」といった被害が想定される。

軟弱地盤の目印としては、例えば昔、川が流れていたところを埋め立てた「暗渠(あんきょ)」がある。物件を新築・購入する前に、その土地の「地盤」について知っておくことが重要だ。

地盤コンサルタントとして活躍する高安正道氏とともに、「軟弱地盤」の見分け方について、都内を散歩しながらお伝えする。地盤の良し悪しを見抜くポイントはあるのだろうか。

=======================

【チャンネル解説】
収益物件数No.1 国内最大の不動産投資サイト「楽待」のYouTubeチャンネルです。
おかげさまで「不動産投資のYouTubeチャンネル登録者数No.1(*)」となりました。
初心者からベテラン大家さんまで、不動産投資で失敗することが無くなるようにお役立ち情報を配信します。不動産投資やマンション経営に興味をお持ちの方は、ぜひご視聴ください!

* 不動産投資に関連するYouTubeチャンネルの「チャンネル登録者数」(2018年7月 自社調べ)

#不動産投資
#楽待
#地盤
#軟弱地盤
#街歩き



タイトルとURLをコピーしました